2019/01/08 12:41

高知県仁淀川町

愛媛県との県境、森林率94%の山深い土地
霊峰 石鎚山を源に、清流仁淀川支流が流れ
美しい豊かな水に恵まれた町では
寒暖差を生かしたお茶や
高知県仁淀川町
平家の落人伝説もある山深い地域です。

昔から紙の原料のミツマタ楮がつくられてきました
その中でたくましく生えたこんにゃく芋で
お祭りや季節の行事ことに各家庭で
手づくりされてきたご馳走でした。

山の暮らしは地道な手作業が多いです。
こんにゃく芋もまさにそう。
こんにゃくを作るのによい大きさ(ソフトボール位)に
なるまで約3年かかります。
いのししや天候や病気になり枯れてしまうことも
ありますが、9月後半お彼岸すぎころから傷つけないように
手で掘った後はハウスで2ヶ月くらい乾かし
1月からはスプーンでの皮はぎ作業。

ことことと2時間炊いて、手作業でスプーンで皮をはぎます。
でこぼこしてるのやするっとむける芋。
黒いところや芽のでるえぐいところを除いて
1年分を冷凍保存します。

続きは次回に。
ほんものの味池川こんにゃくはこちらから。